声優のオーディションとはなにか

いまや不動の人気を誇る職業といえば、アニメや洋画などの吹き替えを担当する声優です。かつては舞台役者やテレビ俳優などがその役割を担っていましたが、最近では声優になりたいという夢を持つ若者が増えたことから専門の養成所や事務所などが増えてきています。声優になるにはオーディションを受けるのが一般的です。しかし、それに合格しても、役を得るためにはそのたびにオーディションを受けることになるため、常にオーディションというものを意識していかなければいけません。声優のオーディションとは何かといえば、この職業に就くためにも、仕事を維持していくうえでも重要なものといえます。そこで実力を十分発揮できる余裕と自信を持つためには、毎日の努力の積み重ねが欠かせません。

声優になるためのオーディションの種類

一口にオーディションといっても種類があり、それぞれ目的が異なる場合があります。まず、一番に考えられるのが養成所です。養成所では声優に必要な基礎知識や発声方法、滑舌の訓練や演技指導などが受けられるので、声優を志す場合に一番初めに受けることになるものではないでしょうか。しかし、これだけでは確実に声優になれる保証はありません。在校中や卒業後にプロダクションや事務所のオーディションを受けることで初めてプロとしての道が開けます。または、直接新人を募集しているキャスティングオーディションなどから仕事を得ることもできます。新人発掘の一環で、公開オーディションと言って広く一般から募集している場合は、経験や事務所所属の条件がないため誰でも受けることが可能です。

オーディションで求められるもの

養成所のオーディションでは可能性と声の質、礼儀作法など、ある程度の条件がそろえば合格は難しくありません。しかし、それ以上の段階になってくると難しさは格段に上がってきます。声の良し悪し、通り、滑舌の向上や発声方法などはよくて当たり前、できて当たり前なので、この時点でつまずいているようでは、プロとしてのオーディションでは合格できません。全てがそろってなお、魅力的であったり、雰囲気や声質が設定されたキャラクターにあっているということが必要になります。また、仕事をするうえでの人間性なども忘れてはいけません。顔が見えない職業と思われがちな声優ですが、最近の声優はアイドルとして売り出される傾向も強いので、演技力だけでなく、容姿にも多少は気を遣うことが必要です。