声優のオーディションに受かったら

アニメや洋画の吹き替えを行う声優は、いわば声だけの演技者で俳優と同じと考えることができます。小さなころからアニメを見てきた若者にとって、声優が将来の夢になることはとても自然なことです。憧れのヒーローやお姫様としてアニメの中で声を当てられたら素晴らしいことですね。声優になるには、公開オーディションを受けるか、事務所やプロダクションの所属オーディションを受けることになります。声優になるための専門学校や養成所がありますが、いずれにしてもプロになるためには何らかのオーディションが必要になります。見事オーディションに合格し、プロとしての道が開けたときに、知っておきたい心構えや仕事の種類などはどんなものがあるのでしょうか。少し予習をしておきましょう。

プロへの第一歩、事務所所属が決まったら

声優を多く抱えている専門のプロダクションや事務所の所属が決まったらいよいよプロとしての第一歩です。しかし、これはほんの始まりにすぎず、仕事が次から次に来るということにはなりません。むしろここからが本当のオーディションの日々になります。事務所は制作側からのオファーで、キャスティングのためのオーディションに所属タレントを出向かせます。ここで採用されて初めて仕事ができます。最初のうちは重要な役が与えられず、オーディションなしでできるその他大勢の役やガヤと呼ばれる街の喧騒など、名もない役ばかりということも考えられます。もちろん、アニメだけではなく、ゲームやナレーションなど仕事内容は多岐にわたります。いろいろな経験を積みながら、実力の向上を目指す努力も必要です。

憧れのアニメに大抜擢、有名声優の仲間入りのチャンス

新人発掘の意味で、アニメの主役などの配役を決める公開オーディションが行われる場合があります。宣伝の意味もかねてフレッシュな声優を起用したいという制作側の意図もあります。プロではないというだけで、養成所や専門学校の学生も受けられますので、狭き門であることには変わりがありませんが、決まれば一躍主役級の声優として扱われ、名前を知られるチャンスになります。しかし、プロとしての経験がないまま、主要な役どころを任されるということは、相当な覚悟が必要です。合格してからの技術の向上を目指す努力を怠ってはいけません。もちろん、現場では周りの先輩たちに支えられながら少しずつ成長していけばいいことですが、ときに怒られたり、もどかしい思いをするのは必須です。新人のうちは誰でも経験することですが、大きな役が与えられたからこそ、期待に応える必要があります。うまくいけば、次回の仕事にもつながるチャンスです。しっかりと仕事に向き合いましょう。