声優のオーディションに合格するには

アニメの吹き替えや洋画や海外ドラマの吹き替えなどで活躍する声優は、いまや人気の職業となっています。長寿アニメの声を吹き替えたことで有名になったり、声優からドラマ出演を果たし俳優業もこなす例も少なくありません。実は、声優はアニメの吹き替えだけではなく、舞台俳優などの活動を行っている人も多く、かつては声優という職業はなく俳優がその仕事を請け負ったことが始まりということからも、演技力が大事な職業ということがわかります。今では最初からアニメの吹き替えを目指ざす場合が多いですが、その夢をかなえるためには何が必要で、どのような方法があるのでしょうか。実際に声優になるためにはオーディションを受けるのが一般的ですが、合格の秘訣はどんなところにあるのでしょうか。

声優のオーディションを受ける前に

声優のオーディションを受ける場合は、一般公募の場合を除き、俳優事務所に所属している必要があります。事務所経由でオーディションの話が来ることが多いので、まずは俳優として登録されていることが必要です。事務所に入る場合もオーディションを受ける必要がありますが、事務所に登録されて実績を積めば仕事の幅も広がり、指名されて仕事を獲得することもできる可能性があります。まずは声優が多く所属している事務所所属を視野に入れてオーディションを受けるのが声優への近道でしょう。一般公募の場合は履歴書などから審査されて通過すればオーディションへ呼ばれることになります。ステージのように一般公開もされるイベントのような形式もあれば、だれもが想像するような一室でのオーディション方法もあります。

オーディションに合格するためには

どんなオーディションでも、合格するためには必須条件があります。それは、求められているものを持っているかどうかです。声優の場合は、高い演技力と声の質が求められていますから、演技の勉強はもちろん滑舌を良くしたり、のどのケアなどは必要最低限していることはもちろん、明るく誰からも愛されるキャラクターでなければいけません。時に、声優は見た目ではないと思われがちですが、今やアイドル的存在でもある彼らに容姿は人気を左右する大きなポイントです。プラスアルファの要素ではありますが、見た目にも注意を払い、清潔感があるファッション、受け答えなどにも気を使いましょう。目指すキャラクターが明確な場合は意識してみてもいいかもしれません。オーディション当日はコンディションを整えておき、自分の可能性を見せられる演技ができるように最善を尽くしましょう。