声優のオーディションを申し込みたい

今や声優という職業は誰でも知っている人気の職業となりました。アニメの吹き替えはもちろん、洋画や、大人気の海外ドラマの声を当てることで誰もが知る声になります。最近ではアイドルのような活動で、ライブやコンサートを開いたり、テレビドラマやバラエティ番組に出演したりするなど活動の幅も広がっています。そんな声優に憧れる若者も増えるなか、専門学校や養成所、オーディションなど、夢を掴むための場所もでていています。では、声優になるためのオーディションを申し込むにはどうすればよいのでしょうか。そこには2つの方法があります。まずは、声優としての基礎を訓練するために養成所や専門学校に入るためのもの。そして、アニメの役を広く一般から募集する公開オーディションと呼ばれるものです。

夢への近道は専門学校、養成所で学ぶことです

今すぐ夢の職業に就きたい、と最初はだれでも思うものです。しかし、そのための準備や素質は十分でしょうか。憧れだけで万が一声優になれたとしても、いざ本番というときに自分の実力のなさや、基礎の不十分さに打ちのめされるといったことも考えられます。まずは、しっかりと勉強をして、基礎を固め、自主トレーニングだけではカバーできない訓練を積める専門学校や養成所のオーディションを受けてみましょう。養成所には提携するプロダクションや事務所がある場合があるので、素質が十分であれば事務所所属も夢ではありません。オーディションは難しいものではなく、一般教養と将来性があればクリアすることができるものです。そこでいかに自分の才能が伸ばせるか、努力が積めるかが将来へのステップになります。

公開オーディションで一発逆転を狙う

経験値を積むことと、自分の現状を知る意味でも公開オーディションを受けるという手もあります。声優の仕事は、一般的には事務所経由で俳優にオーディションのオファーが来ることがほとんどですが、ごくたまに新人発掘などの目的で広く一般公募される場合があります。公開オーディションに申し込みたいと思ったら、履歴書を用意して一次審査に書類を提出し、次の段階までトレーニングをして準備を整えましょう。一般からといってもプロではないという意味で、現役の専門学校生や養成所の研究生などが参加している場合が多いので、なんの訓練もしていないと不利になってしまいます。それでもまれに、素質を見込まれて合格することもあります。声優という仕事にはある程度のキャリアを積むまでは常にオーディションが付きまといます。たくさん受けて慣れておくのも得策です。